二本松寺・あじさいの杜(潮来市)

二本松寺は、天台宗羽黒山覚城院二本松寺と号し、本尊は秘仏薬師如来で、平安時代初期・天長年間(824)、慈覚大師円仁によって現在の潮来市茂木に創建されたと伝えられています。
ご本尊の秘仏薬師如来は、健康祈願や病気平癒などにご利益があるといわれています。皮膚病等を治す仏様として信仰をあつめる阿弥陀仏如来像や、悪魔調伏の不思議な力を持つ厄除元三大師も祀られています。

40,000平方メートルの広い境内の大半をしめる「あじさいの杜」は、約100種類10,000株のあじさいが咲き、毎年「あじさいまつり」が開催されます。
所要時間約40分のあじさいの杜順路に沿って歩くと、田園風景や展望エリアなど見ごたえ十分!
所々にベンチなども設置されていて、ゆっくり散策することもできます。

所在地 〒311-2433  茨城県潮来市堀之内1230
問合せ先 TEL:0299-64-2263
営業時間 9:00〜16:00(あじさいの杜最終受付) あじさい祭り期間(毎年6月第1土曜から7月第1日曜頃)
休業日 無休
料金 大人(高校生以上) 300円、中学生以下 無料
駐車スペース 無料駐車場120台
ホームページ http://www.nihonmatsuji.com/
アクセス 【電車】

  • JR潮来駅からタクシーで約15分

【車】

  • 東関東自動車道潮来ICから15分

本堂

客殿

元三大師

ご本尊

十二神将

茂木の大椎

あじさいの杜

「あじさいの杜」に行ってみましょう。

広大な敷地には、100種、10,000本のあじさいが咲き誇っています。

所々にベンチや石の休憩どころがあります。

眺望抜群です。

こちらが終点です。

関連記事

  1. 御城展望台(常陸大宮市)

  2. 道の駅いたこ(潮来市)

  3. 結城酒造(結城市)