偕楽園・好文亭(水戸市)

1842年水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により開園された、日本三名園のひとつに数えられています。
園内には約100種3,000本の梅が咲き誇り、梅まつりのシーズンには県内外から多くの人が訪れます。
表門を入ると孟宗竹林が広がり、水が湧き出る吐玉泉、そして好文亭など見どころ満載です。

好文亭は木造2層3階建ての建物と平屋建ての奥御殿からなり、3階から梅園の眺めは格別です。

所在地 〒310-0912 茨城県水戸市見川1-1251
問合せ先 TEL:029-244-5454(偕楽園公園センター)
営業時間 【偕楽園本園の開園時間】

  • 2月中旬~9月30日:6:00~19:00
  • 10月1日~2月中旬:7:00~18:00

【好文亭のご利用案内】

  • 2月中旬~9月30日:9:00~17:00
  • 10月1日~2月中旬:9:00~16:30

※観梅期間は原則17:00まで

定休日 年中無休
※好文亭 12月29日~31日
料金 【本園】
大人300円(団体230円)、小中学生150円(団体120円)
満70歳以上150円(団体150円)
※団体は20名以上【好文亭】
大人200円(団体150円)、小中学生100円(団体80円)
満70歳以上100円(団体100円)
※団体は20名以上
サイト https://ibaraki-kairakuen.jp/
アクセス 【電車】

  • JR常磐線「水戸駅」よりバスで20分

【車】

  • 常磐道水戸ICより約20分
駐車場 本園用駐車場(偕楽園下駐車場、常磐神社駐車場、千波公園西側駐車場、好文亭表門駐車場)

本園

水戸の梅大使さんと一緒に記念撮影。千夏リポーターも元は水戸の梅大使でした。

 

好文亭

関連記事

  1. 月の井酒造(大洗町)

  2. 明治なるほどファクトリー守谷(守谷市)

  3. 古河文学館(古河市)