トモヱ乳業(古河市)

1956年に創業の「トモヱ乳業」。茨城県古河市に本社をおく乳製品・飲料の製造メーカーです。市内にある小中学校の給食では、トモヱ乳業の牛乳が出されており、地元ではかなりの知名度をもっています。今回は、工場見学をご紹介!!牛乳はどのようにできているの?ぜひ一度見学にきてね!

所在地 〒306-0235 茨城県古河市下辺見1955
問合せ先 TEL:0280-32-1111 FAX:0280-32-4192
営業時間 10:00~15:00(要予約)【所要時間】約90分~120分
休業日 日曜日
料金 無料
サイト http://www.tomoemilk.jp/
アクセス 【車】

  • 東北自動車道「羽生IC」から、約40分

【電車】

  • JR東北本線「古河駅」から、タクシーで約7分
駐車場 無料駐車場有り

トモヱ乳業 工場見学にやってきました。いつも飲んでいる牛乳はどうやってできるのかな?工場の中をのぞいてみよう!!

【牛乳のできるまで】①乳質検査・受乳・・・安全に牛乳をつくるための準備 ②清浄化・冷却・・・ゴミをとってきれいな牛乳に!! ③貯乳(生乳)・・・きれいなままタンクで保管

④均質化・・・ムラのない牛乳へ ⑤殺菌・冷却・・・高い温度で、菌を退治 ⑥貯乳(殺菌乳)・・・充填まで、一時待機

⑦充填・・・いよいよ、牛乳パックへ ⑧コンピューター制御・・・効率よくシステム化 ⑨品質検査・・・2回目の厳しいチェック

⑩積み荷・・・出荷の準備 ⑪出荷・配送・・・おいしい牛乳をお届け!! 詳しくは、工場見学にきてね!!

【トモヱ乳業の歴史】第一創業期(1956年~1994年)学校給食牛乳の製造を中心に、バター・練乳などの生産も行ない、経営の安定を図りました。創業初期は設備に対して厳しいご意見もいただきました。この経験を糧に、お客様にさらなる安心・安全を届けるため、試行錯誤を重ねて最新設備を導入・増強していきました。

第二創業期(1994年~2012年)衛生面の強化と手作業によるミスの削減を目指し1994年に当時最先端の工場(現 第一工場)を操業。より消費者に安心してもらえる、製品の生産と供給に力を入れました。また、カップ飲料やデザートなどの生産に着手。社会の幅広いニーズに対応し、販路を拡大しました。

第三創業期(2013年~)2013年7月に第二工場を操業し、一市乳工場で日本一の生産力を有するまでに成長。最新設備を導入したことで、徹底した衛生管理と生産力の大幅向上が実現しました。また、震災を教訓とし、耐震構造に加えて独自の停電対応システムを備えた、災害に強い工場となりました。

おいしい牛乳ができました!!小池さん、お忙しい所、ありがとうございました。

関連記事

  1. 七ツ洞公園(水戸市)

  2. 保和苑(水戸市)

  3. 美浦村文化財センター(美浦村)