奥久慈茶の里公園(大子町)

大子町では奥久慈茶とよばれるお茶が作られています。ここでは自然に囲まれた環境の中、お茶の手もみ体験や茶室での本各的な抹茶・煎茶体験ができます。また、物産館、レストランもあり家族で楽しめる施設になっています。

所在地 〒319-3543 茨城県久慈郡大子町左貫1920
問合せ先 TEL:0295-78-0511 FAX:0295-78-0992
営業時間 9:00~17:00
休業日 水曜日 年末年始(12月31日~1月1日)
料金 【お茶手もみ体験】 1時間/1,550円(小学生半額)(通年10:00~16:00)※要予約

【茶摘体験】 1時間/300円(新茶の季節・5月下旬~6月上旬)

【抹茶道お点前】30分/620円(通年)

【こんにゃく作り体験】 1時間/1,550円(通年)

※他、体験あります。詳細はお問合せください。

サイト http://www.town.daigo.ibaraki.jp/page/page000021.html
アクセス 【車】

  • 常磐自動車道「那珂IC」から約80分

【電車】

  • JR水郡線「常陸大子」より、茨城交通バス森の前行きで20分、バス停:仲井下下車
駐車場 無料駐車場有り

お茶摘・手もみ体験

初!茶摘み!!

このように、親指・人さし指・中指の3本指でお茶の葉を摘みます。

こんなに摘みました。

【手もみ茶の製造工程】

こんにゃく作り体験

こんにゃくの原料 こんにゃく芋

こんにゃく芋を洗い、皮をむいて、おろし金でこんにゃく芋をおろします。※芋を直接さわるとかゆくなるのでゴム手袋をしてくださいね。

すった芋は、少しの間放置をします。すった芋は固まらない様、時々泡立て器で攪拌(かくはん)してください。

【こんにゃくの作り方を簡単に解説】こんにゃくを手で練っていき、凝固材溶液を入れ、再度練り込みます。型入れに入れ、固まったら、沸騰した湯に入れ茹でます。茹で上がったら、火を止め、しばらく放置。そうすることで、弾力がでて美味しいこんにゃくができます。

刺身こんにゃく

抹茶道お点前

抹茶に和菓子がつきます。

お食事処・売店

「お食事処 茶の里」

店内

売店

手もみ茶

こんにゃく

関連記事

  1. 舟納豆 丸真食品(常陸大宮市)

  2. 保護中: ホリゾンかみね(日立市)

  3. 袋田の滝(大子町)