水郷潮来あやめ園(潮来市)

面積約1.3ヘクタールの水郷潮来あやめ園(昭和51年4月開園)は、毎年5月下旬~6月下旬に開催される
「水郷潮来あやめまつり大会」の会場となっています。
園内には、何種類ものあやめ(花菖蒲)が植えられており、見頃を迎えると一面に咲き誇ります。
一番の見頃は例年6月10日頃です。
あやめまつり期間中は潮来花嫁さん「嫁入り舟」やあやめ踊り、ろ漕ぎ舟遊覧など水郷ならではのイベントが開催されます。
また、「潮来笠記念碑」や「潮来花嫁さん記念碑」が設置されており、
そこでは歌手の橋幸夫さんの「潮来笠」や花村菊江さんの「潮来花嫁さん」の曲を聴くことができます。

所在地 〒311-2425茨城県潮来市あやめ1丁目5
問合せ先 TEL 0299-63-1111
営業時間
通年(花の見頃は要問合せ)
休業日 なし。終日入園自由
駐車スペース 完備
入園料 無料
ホームページ ーーー
アクセス 【電車】

JR鹿島線「潮来駅」より徒歩3分

【車】

東関東自動車道「潮来IC」より約10分

【高速バス】

東京駅から70分。高速バスでのアクセスが抜群!東京駅八重洲南口から高速バス「鹿島神宮」行き又は「鹿島セントラルホテル」行きに乗り、「水郷潮来バスターミナル」で下車。

水郷潮来あやめ園にやってきました!

花菖蒲が咲き誇る園内の様子

水郷潮来あやめまつりの見どころの一つ「嫁入り舟」の魅力を引き立てているのが人力車です。

人力車は水郷旧家磯山邸からあやめ園に用意されたろ舟まで、往路は新婦を、復路は新郎新婦の二人を運びます。観光客や市民からは、路上でもきれいな花嫁姿が見られると好評を得ています。

あやめまつりの期間中、嫁入り舟が行われる水・土・日曜日以外の曜日は一般向けにも運行しています。運航エリアは長勝寺や磯山邸、あやめ園周辺で、料金は10分500円です。人力車は和装姿の新郎新婦がゆったり乗れるように設計された2.5人乗りです

園内には、約500種100万株のあやめ(花菖蒲)が植えられており、見頃を迎えると一面に咲き誇ります。
一番の見頃は例年6月10日頃です。

【前川十二橋めぐり】

霞ヶ浦から太平洋に流れる常陸利根川(北利根川)と、北浦をつなぐ水路が前川です。

この前川にかかる十二本の橋を船でくぐりながら遊覧を楽しむのが前川十二橋めぐりです

船の内部。動力は小型船外機です。
 

この地方は、周囲を水に囲まれた水郷地帯であったことから、この地域一体には水路(江間)が縦横に張りめぐらされ、嫁入りする際に花嫁や嫁入り道具を運搬するときにもサッパ舟が使われており、昭和30年前半ごろまでは日常的に行われていました。

関連記事

  1. お休み処ふじの蔵(結城市)

  2. 常陸太田市郷土資料館梅津会館(常陸太田市)

  3. つくばエキスポセンター(つくば市)