奥原晴湖画室・繍水草堂(古河市)

鷹見泉石記念館の奥にある文化施設です。明治の南画界を代表する古河生まれの女流画家、「奥原晴湖」の画室を移築し、一般公開しています。平成20年、故奥原ミチ子氏の遺志により、奥原晴湖画室の寄附申し入れがあり、歴史博物館南側に移築されたそうです。
もとは、熊谷にあったそうですが、昭和4年、すべてではないですが、再現し庭石の一部に、古河城の礎石が再利用されているそうです。

所在地 〒306-0033 茨城県古河市中央町3-11-27
問合せ先 TEL:0280-22-5211 FAX:0280-22-5215(古河歴史博物館)
開館時間 9:00~17:00(入館は、16:30まで)
休館日 月曜日
国民の祝日の翌日(土・日を除く)
年末年始
館内整理日(毎月第4金曜日、ただし祝日を除く)
料金 無料
サイト 参考サイトはコチラ
アクセス 【車】

  • 東北自動車道「久喜IC」から国道4号経由、25km約30分

【電車】

  • JR宇都宮線「古河駅」下車、徒歩約15分
駐車場 —–

鷹見泉石記念館の奥にある文化施設です。

私、アヤカがご案内いたします。

灯篭

関連記事

  1. 永源寺(弁財天)(大子町)

  2. 水戸平和記念館(水戸市)

  3. 小貝川ふれあい公園ネイチャーセンター(下妻市)