お菓子博物館(水戸市)

「お菓子博物館」は、いろいろなお菓子の歴史に関する資料や懐かしのお菓子、世界の伝統菓子のコレクションなど「お菓子」にスポットをあてた、見ていてとても楽しい博物館です。
※お菓子博物館は、事情により現在休館しております。 製造工場の一部につきましては、亀印本店より2階に上がっていただけますと見学できます(無料)。

所在地 〒310-0913 茨城県水戸市見川町2139-5
問合せ先 TEL:029-305-2211 亀印製菓
開館時間 9:00~16:30(17:00閉館)
休館日 年末年始
料金 大人500円 小人250円
サイト —–
アクセス 【車】

  • 常磐自動車道「水戸IC」より約10分

【電車】

  • JR常磐線「水戸駅」北口より、バスターミナルの4番のりばから「桜ノ牧高校」行き、または「水戸医療センター」行きのバスに乗り、約25分。「桜ノ牧高校前」バス停下車、徒歩3分
駐車場 無料駐車場有り

お菓子博物館をご案内いたします。

【午後3時の台所】

※特別許可を頂いて撮影しました。見学の際は、展示物に座らないでください。

【コレクターズ・ルーム】懐かしいお菓子やおまけが展示されています。

【お菓子の塔】ここでは、砂糖菓子・焼き菓子・氷菓子など世界各地で愛され続ける伝統菓子をご紹介しています。

2階にやってきました。四季折々の行事菓子、水戸三公にちなんだ菓子、懐かしい駄菓子など日本人の暮らしにとけ込んだ和菓子の世界をご紹介しています。

この梅の木は、全部砂糖でつくられています。

※特別に許可を得て撮影しました。見学の際は、ここには座らないでください。

ここの窓から、工場見学ができます。

見下ろすと・・・「水戸の梅」の作業工程を見ることができます。

関連記事

  1. 期待場(北茨城市)

  2. 波崎シーサイドパーク(神栖市)

  3. 梅酒と酒の資料館 別春館(水戸市)