日鉱記念館(日立市)

日立市では古くから赤沢銅山から始まる鉱山の歴史があります。明治38年に創業者・久原房之助が、日立鉱山を開業してから閉山するまでの76年間にわたる活動を紹介する施設です。大煙突、模擬坑道、鉱石など、分野や事業ごとに分かりやすく展示されています。これがのちの日立製作所の基礎となり、日立市は産業・工業の都市として発展し、現在でも「ものづくりのまち」として進化し続けています。

所在地 〒317-0055 茨城県日立市宮田町3585
問合せ先 TEL:0294-21-8411
開館時間 9:00~16:00(入館受付は15:30まで)
休館日 月曜日、祝祭日、年末年始、会社記念日(10月の第2週の金曜日)等

※詳細はこちら→https://www.nmm.jx-group.co.jp/museum/guide/index.html#anc01

料金 【見学】無料 ※団体で観覧される場合は要予約
サイト https://www.nmm.jx-group.co.jp/museum/index.html
アクセス 【車】

  • 常磐自動車道「日立中央IC」より、約10分

【電車】

  • JR常磐線「日立駅」(中央口)から、茨城交通バス東河内行き「日鉱記念館前」停留所(駅から約30分)、または「日立駅」からタクシーで約20分
駐車場 無料駐車場有り 第一駐車場(普通10台) 第二駐車場(大型バス3台、普通20台)

エントランスです。

日立鉱山の鉱石

鉱石実感コーナー

<>

関連記事

  1. 秀寿司(北茨城市)

  2. 三宅雪嶺記念資料館(龍ケ崎市)

  3. ガラス工房シリカ(体験)(北茨城市)