浄蓮寺&浄蓮寺渓谷(北茨城市)

「浄蓮寺」は慈覚大師が858年に建てた天台宗のお寺で、本堂の大屋根が見事な茅葺であるのが特徴です。
本堂以外にも仁王像がある「仁王門」、愛染明王が安置されている「愛染堂」も古い時代に建てられました。
そして、浄蓮寺渓谷遊歩道に沿った岩や山中に三十三観音が点在しています。
紅葉も見事で、紅葉が見られる時期には多くの人でにぎわいます。

所在地 〒319-1538 茨城県北茨城市華川町小豆畑2733
問合せ先 TEL:0293-42-0767
営業時間 8:00~17:00(10月~3月は8:00~16:00)
定休日 無休
料金 拝観料:200円
サイト ---
アクセス 【自動車】

  • 常磐自動車道「北茨城IC」下車約12分

【電車】

  • JR常磐線「磯原駅」よりタクシーで約20分
駐車場 無料(市営駐車場利用)

「浄蓮寺と浄蓮寺渓谷」をリポートです。

奥に見える赤い建物が「愛染堂」です。

浄蓮寺渓谷遊歩道に沿って歩いてみましょう。

三十三観音の一つ「不動明王」が岩に彫られています。

関連記事

  1. 幕末と明治の博物館(大洗町)

  2. 鹿島アントラーズクラブハウス(鹿嶋市)

  3. 日立おさかなセンター(日立市)