岩瀬石彫展覧館(桜川市)

岩瀬石彫刻展覧館がある茨城県西地域は、昔から良質の御影石を産出する日本最大の石の街です。

山に囲まれたここ展覧館は、石彫家・浅賀正治氏が主宰しています。敷地内には、過去に制作された作品が静かに展示され、石彫の制作の様子も見学する事ができます。また、石彫体験教室もやっています。

所在地 〒309-1343 茨城県桜川市亀岡741
問合せ先 TEL:0296-75-1550 FAX:0296-75-1550
開館時間 9:00~16:00
休館日 年末年始(詳細はお問合せください。)
料金 【見学】無料

【彫刻講座】8名~(小学生~一般の方まで) ※ご予約・料金は、お問合せ下さい。

サイト http://www.asahi-net.or.jp/~tq3m-asg/index.html
アクセス 【車】

  • 北関東自動車道「笠間西」ICより、約15分

【電車】

  • JR水戸線「羽黒駅」下車、徒歩約10分
駐車場 無料駐車場有り 大型バス受け入れ可能(来館前に、お問合せ下さい)

岩瀬石彫展覧館にやってきました。

制作者・・・ミラン・アドレフ 作品名・・・「内心の平穏」

愛知万博会場のブルガリア館に設置された作品です。使用されている石は、旧岩瀬町の青糠目石(あおぬかめいし)です。

石彫家 浅賀 正治氏(あさか まさじ)プロフィール

こちらが作品を加工する部屋です。

岩瀬の青糠目石(あおぬかめいし)を使った、平和のシンボル「獅子の彫刻」です。

豆知識・・・青糠目石(あおぬかめいし)は、キメが細かく青みがかった石です。

1つ、1つがとてもかわいいです!

浅賀正治氏が受賞した賞です。

ブルガリア副大統領記事

2005年 愛地球博 ブルガリア館

副大統領 センドフ大使

2011年 ブルガリア文化大臣授賞式

ブルガルリア国彫刻家と浅賀正治氏と岩瀬町民交流活動

隔年、ブルガリアを代表する石彫家を招いて、国際交流はかっているそうです。

あれ?どこかで見た感じのものが!!なんと、ひたちなか市にあるほしいも専門店「大丸屋」にあるモニュメントが・・・

作品名・・・「干芋百年碑」 制作者・・・浅賀氏

東京都墨田区 本所防災館のモニュメント

作品名・・・「象」 制作者・・・浅賀氏

制作者・・・ジョラム・マリガ

制作者・・・キリル・メスキン

石彫家の方が描いた絵です。

制作者・・・イリナ・アンドレーヴァ

制作者・・・スネジャナ・スミオノヴァ

2階から、制作風景を見学する事ができます。

石を削るのですから・・・もの凄い音がするそうです。(汗)

右側の作品・・・「太陽への提言」

制作者・・・シバトコ・シロマシキ

豚さんの丸いお尻が、とてもキュートな作品です。

たくさんの動物達が、とてもかわいく表現されています。

制作者・・・スネジャナ・シメオノヴァ

作品名「最後の門」・・・生涯最後にくぐる門だそうです。

「放浪息子の帰還」

制作者・・・ステファン・ルタコフ

ニワトリ

へびチェア モニュメント

こんな感じで、腰をかけることができます。とても、ユニークでかわいい!!

作品名・・・「石に遊ぶ」

体重制限なしのブランコだそうです!!

すべり台&ブランコ

関連記事

  1. まち蔵 藍(石岡市)

  2. 真壁伝承館歴史資料館(桜川市)

  3. 大洗美術館(大洗町)